NSBT Japan

NSBT Japan Network for Security and Technology ー日本初、安全保障・セキュリティビジネスのポータルサイトー
 
 
 

注目 PICK UP

  1. 反撃能力を付与される日本の潜水艦、大敵は「人」

    クジラにちなむ名前を授かった海上自衛隊の最新鋭潜水艦「たいげい」が今年3月、就役した。神戸市の造船所で引き渡された全長84メートル、基準排水量3000トンの巨体は、まさしく「大鯨」そのものだ。これで…
  2. 北朝鮮ミサイル連続発射を読み解く

    150両余りのT34戦車が、早朝のソウルになだれ込んで始まった1950年の朝鮮戦争。38度線をまたぐ南北の攻防が再び起きるとすれば、頭上を飛び交うミサイル攻撃の応酬で火ぶたが切られるのだろうか。9月…
  3. 米空軍特殊部隊が熱望する日本の飛行艇技術 「滑…

    イラクやソマリアなどで歴戦の武功を重ねた米空軍の特殊作戦コマンド(AFSOC)。その猛者たちが今、喉から手が出るほど欲しがる軍用機が日本にある。船と飛行機の両方の特徴をあわせもつ自衛隊の救難飛行艇「…

新着 NEW

  1. バフムート激戦の理由とロシア大攻勢の予兆

    米CNNは、米国とウクライナの政府当局の話として「米国とNATO(同盟国)がウクライナに対し、東部のバフムートで続く戦闘の停止を提言している。同盟国側はウクライナ南部地域での攻撃優先を求めているようである」…
  2. 韓国KAI社と米国ノースロップ・グラマン社、VTOLド…

    2023年1月19日、韓国航空宇宙産業社(KAI)は、同18日に米国のノースロップ・グラマン社と垂直離着陸無人航空機(VTOLドローン)事業における技術協力のための覚書(MOU)を締結したと発表。 このMOUは、海軍の…
  3. アフリカで中国の影響力拡大 ロシアの地位低下か

     中国はウクライナ侵略を契機として、アフリカへの軍事協力を大幅に強化している。中国の動きはアフリカでの防衛・安全保障分野におけるロシアの地位を脅かしつつある。  ロシアがウクライナ侵略に注力する一…
  4. ロシアの軍事作戦、戦車到着前に実行される見通し

    2023年1月、欧米諸国はウクライナに対して戦車供与表明を立て続けに行った。ドイツはウクライナに「レオパルト2」戦車14両の供与を発表し、米国も「M1エイブラムス」戦車31両の供与を発表した。また、英国は「チ…
  5. ロッキード・マーティン社、高性能レーザー防空シ…

    2023年1月23日、米ロッキード・マーチン社(ロッキード社)は、開発中の指向性エネルギー防空システムが、初期の目標性能に達したと発表した。  ロッキード社は「開発しているレーザー防空システム(DEIMOS)の…
  6. オーストラリア、中国への抑止力として海上機雷を…

    シドニー・モーニング・ヘラルド紙は、オーストラリアは中国やその他の潜在的敵対国がオーストラリア領海に船舶や潜水艦を送り込むのを阻止するため、ベトナム戦争以降初めて機雷に大規模な投資を行い、最大10億豪…

NSBT Japanについて ABOUT

NSBTについて
ページ先頭へ戻る
読み込み中です